公式の店舗 MAHOGANY SOLID ALL KALA Series STORE】 (コンサートウクレレ)(送料無料)【ONLINE KA-SMHC-コンサートウクレレ

サンワサプライ 19インチマウントボックス(9U)(CP-SVCBOX1) メーカー在庫品【10P03Dec16】YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス) Blue Current(ブルーカレント) 68II

公式の店舗 MAHOGANY SOLID ALL KALA Series STORE】 (コンサートウクレレ)(送料無料)【ONLINE KA-SMHC-コンサートウクレレ






KALAウクレレについて
2005年にMike Uptonが創立。
レギュラータイプ以外にもトラベル用、ベースなど多様なバリエーションのウクレレを扱っています。
KALAのウクレレはアメリカ本国で認められ販売本数No.1までになりました。
本場ハワイでも圧倒的なシェアを誇り、 今も成長し続けています。

KALAのコンセプトはユニークかつ手頃な楽器を提供すること。
そしてその楽器にはイノベイションとトラディションの融合、パッションとプレイヤビリティの融合を感じられること。

KALAの名前の由来。Kalaはハワイ語で色々な意味を持っています。
ユニコーン フィッシュの名前、お金のスラングなどという意味のほか、歴史的な要素もあります。
島々の部族の争いが停戦した時をKalaと名付け、お互いを許し合い平和へと向かいました。そんな多様性に富んだKalaという言葉が気に入り名付けました。

ウクレレはクールではありません。でもクールではないところがいいんです。
弾きやすい、持ち運びが楽、お手頃、そしてなにより楽しい!
ウクレレでみんなが集まりコミュニティが生まれる。ウクレレとはそういう楽器です。
ALL SOLID MAHOGANY Series
トラディショナルな材を使用した、甘い音色のウクレレです。
Specification
アーチドバック
スケール:378mm
ボディ:オールソリッドマホガニー
バインディング:べっ甲柄
ネック:マホガニー
フィンガーボード/ブリッジ:ローズウッド
フィニッシュ:サテン
ギグバッグ付属

新年の営業は1月3日10:00から!! 今年は、元号も令和に変わり沢山の変化が起きた一年だったと思い…

パズデザイン BSウォームレインスーツJr 3L レッド SBR-026

【NEW STAFF】 ベイです! by 浅井大晴

グビッ プハーーー! 初めまして! Circlesで働くことになった浅井大晴です!コーラ大好きです!…

【GIRO】最高の被り心地を提供するアジアンフィットモデル by 柳瀬公識

やれ足が短いとか、顔のパーツが中心によっているとか、身体的なコンプレックスをいろいろと持っていたので…

テーマ

【VELOCITY】小径車用リム特集

小径車といえば、サークルズではアメリカ・オレゴン州でハンドメイドのカスタム・フォールディングフレームを作っている M's MFC/2 【C・H管】【カーキ】【フルート専門店】【フルートラウンジ】 をオススメしていますが、小径車で多くご相談いただくのが、そのホイールの選択肢について。

やはり、乗る人によって使い方は様々ですし、例えばバイクフライデーが考えているようなずっと使い続けられるモノ作りに呼応するように、やはりそのバイクに装着させるホイールも丈夫なホイールを求める方は少なくありません。 そこで辺りを見渡すと、なかなかホイール、特にリムの選択肢というのは少なく、困っている人も多いのが実情。

そんな中で、サークルズではアメリカの優れたリムメーカー、VELOCITY / ベロシティー の小径車用のリムのラインナップをしっかりと揃えていますので、是非 純正品 NEC 大容量トナーカートリッジ(シアン) PR-L9300C-18 (PR-L9300C-18) 目安在庫=△【10P03Dec16】 でのホイール組みも合わせてご検討してみてください!
"人 with 自転車"の素敵な関係
シマノ(SHIMANO) ブルズアイ スペシャル 遠投 AOMONO 520P 25364ティムコ(TIEMCO) オービス 2S74 クリアウォータースペイ 117-4 400103440711
Yoshiki Hara with RETROTEC / ATB Cruiser

もともと古いビーチクルーザーが好きだったこともあり、レトロテックの自転車を初めて見たときに一目惚れ。特に彼の乗っているトラスフォークのマウンテンバイクを見て、絶対彼に自転車をお願いしようと心に決めました。

カーティスさんの作るバイクはもちろん素敵ですが、彼のコレクション(イセッタは本当に最高です)を見れるのも僕の楽しみの一つ。 いつか必ず彼の工房にもお邪魔したいと思います!